ここは酷い人の頭をかち割る民主主義ですね

ロヒンギャ危機―「民族浄化」の真相 (中公新書) - 中西嘉宏 同じ著者の政変後の本は読んでるのでその前段として イギリス統治下でインドとかバングラデシュと人の往き来ができるようになって ミャンマーの端っこにイスラム教徒が定住するようになった 独立した時に仏教を中心にした民族主義をとったので イスラム教徒を同朋として包摂するよ…
コメント:0

続きを読むread more